石油化学産業で使用されるロストワックス鋳造バーナーアクセサリー

簡単な説明:

バーナーは、高度な自動化を備えた一種のメカトロニクス機器です。この種のバーナーアクセサリは、火力発電所業界で使用されています。

バーナーは、精製、石油化学、化学産業におけるヒーターと炉の中核です。

私たちは、信頼性と効率の点で世界で最も先進的な技術を使用して、最高のパフォーマンスと最小の排出量を達成するために、最先端のオイルおよびガスバーナーソリューションの研究開発を続けています。

エンジニアリングから最終製品の製造まで、製造プロセス全体を管理します。


製品の詳細

製品タグ

プロダスト 名前 材料 応用 鋳造公差 重量
5-1 石油化学産業で使用されるロストワックス鋳造バーナーアクセサリー HK 石油化学産業  ISO 8062 CT7 0.7 kg
5-2 グリーンワックスバーナーアクセサリー HH 石油化学産業 ISO 8062 CT6 0.29 kg

説明

バーナーはAPI535規格に従って設計されており、顧客の要件に応じてカスタマイズできます。

石油化学プラントは、原油、天然ガス、鉱石、鉱物などの天然資源を製品に変換し、広く使用されています。それらは、エチレン、プロピレン、ブタジエン、芳香族化合物など、工業プロセスのための多くの重要なコンポーネントを生成します。

バーナーは、高度な自動化を備えた一種のメカトロニクス機器です。この種のバーナーアクセサリは、火力発電所業界で使用されています。

工業用ガスバーナーは工業用バーナーに属しています。燃焼媒体によると、工業用ガスバーナーと工業用オイルバーナーがあります。

ガスバーナーの動作原理は非常に簡単です。燃料ガスまたは空気、あるいは予混合燃料ガスと空気がバーナーの燃焼室に入る。安定した燃焼が起こっています。バーナーは、アプリケーションに発熱量を提供します。

産業部門では、最も一般的な燃料ガスはアセチレン、LNG、プロパンです。

アプリケーションでは、ほとんどの工業用ガスバーナーが工業用ボイラーや炉で使用されています。

瑞昌は工業用バーナーの大手サプライヤーとして、信頼性の高いバーナーを製造するために最先端の燃焼技術を採用しています。これにより、排出量を最小限に抑えながら、バーナーの燃焼効率を高めることができます。

処理手順

製図→金型→ワックス注入→ワックスツリー組み立て→シェルモールド→デワックスバー→注入→シェル除去→カッティンググリッド→機械加工→バリ取り→表面仕上げ→組立→品質検査→パッキング


  • 前:
  • 次:

  • 関連製品